キャラ運用考察:アンスリア

今回は、火有利古戦場で使えるのではないかと目論んでいるアンスリアについて。実装当初は、見た目いいのに性能が……っていう感想しかありませんでしたが、暗闇と回避の優先度の修正や、敵対心LBの追加、バランス調整などを経て、かなり使えるようになったと思います。

というわけで、アンスリアの運用について考えてみます。

短評

環境と敵に左右され、かつ運も絡むが、それらが噛み合えば比肩するものはない(かもしれない)テンションバッファー。

基本的に上級者向けのキャラで、どんなケースでも使っていけるような万能さはありません。ですが、環境を整えてやれば、特定の条件下でのみ非常に強力なバッファーとして活躍できる可能性を感じます。2アビ時回避によるテンションバフを主軸に考えると、アンスリアに敵の攻撃を吸わせるのが前提となりますので、編成への制限は多いです。

テンションバッファー以外の役割としては、高揚による奥義ゲージ加速と、連続攻撃率Downのデバフという役割になるでしょう。これらを主に据えて採用するのはちょっと弱いですが。

キャラスペック

2アビ/3アビで付与されるタップという独自バフが回避をトリガーにして発動するのが最大の特徴です。1アビ(回避率50%/敵対心70上昇)を軸に、敵の攻撃を引き付けて回避しながら味方にテンション/回復をばら撒くという特殊なバッファー。

強力な全体テンションバッファー

テンションバフは、付与できるキャラが少なくランダム要素のあるバフなのですが、別枠乗算されるため非常に強力です。テンション1の効果値は物足りませんが、テンション2あたりから火力向上が実感でき、テンション3や4では、通常攻撃のダメージで上限をたたくことも容易になります。そのため、ゲーム全体を見ても一人のキャラで高レベルなテンションを付与することは困難だったり効果時間は短めに設定されています。現在、味方全体に確実にテンションを付与できるのはアオイドス(CT5T/効果1T)と水着ディアンサ(CT7T/効果2T)のみです。

アンスリアは2アビを使うことで、エキサイトタップというバフを自身に付与します。この最中に敵の攻撃を回避すると、味方全体に3Tのテンションを付与します。2017年末のバランス調整で、エキサイトタップの効果が回避に成功しても消去されないというように変更されましたので、効果中に再度回避に成功すれば、テンションLVがあがった上に、効果が3Tに再延長されます。敵の攻撃対象に選ばれた上で回避に成功する必要がありますが、テンションバフによるリターンの大きさを考えると敵次第では十二分に採用の価値はあると考えます。

アンスリアの1アビが回避率と敵対心が大幅に上昇(CT4/効果2T)するというものなので、これと併用することが前提となります。

検討:回避成功率について

以下の表に、1アビや奥義バフの有無時にどれぐらいの確率でアンスリアの回避が成功するかを纏めました。味方の敵対心は普通(10)とし、アンスリアの回避/敵対心LBは★3まで振っていることを前提としています。

(注釈:複数の回避効果の挙動についての検証はみあたりませんでしたので、回避は加算された後に判定が行われると想定しています)

SA中心/特殊技単体大ダメージの敵では回避成功率が見込めませんが、連続攻撃多め/特殊技多段ダメージの敵ではかなり回避成功率が見込めます。

具体例として、CT2でSA/DA/TAが60%/30%/10%、特殊技が10回攻撃の多段ダメージの敵を仮想的として考えてみましょう。こちらは初手で1アビと2アビを使用して、3T目の特殊技を、奥義で回避バフを付与した上で受けたとします。その時の、回避成功率は以下のようになります。

このシナリオでは、2/3近い確率で2回以上回避に成功できます。回避成功が2回ならば、最低でもテンションLvが2になっているはずですので、別枠乗算30%で3T殴れる計算になります。

奥義ゲージの加速

2アビには、高揚(3T/奥義ゲージ15%)がセットでついているので、優秀な奥義加速要員となります。火属性には全体奥義加速要員がアニラぐらいしか見当たらないため貴重です。

ただ、火属性は積極的に奥義を回していきたいキャラが多いわけではないです。個人的には2アビのおまけで、奥義ゲージ加速によって3T目にアンスリアが奥義を打てることで、回避バフが付与できるという点のほうが重要かなと思ってます。

LBサポアビによる攻撃累積バフ

LBサポアビは回避に成功すれば攻撃累積バフが付与されるというもの。アンスリア採用は、回避成功によるバフを見込むので、必然的にこのLBサポアビによる攻撃バフは発動するでしょう。

攻撃バフの効果時間は永続ですが、通常攻刃枠で最大30%。神石編成では、火力の伸びはあまり見込めませんが、マグナ編成や両面シヴァでは有効活用できるはずです。

回復/連続攻撃デバッファー

3アビは連続攻撃確率DOWNのデバフ(火属性ではオンリーワン)となっており、2017年末のバランス調整で効果量も引き上げられました。また、3アビの効果中に回避に成功すると上限1500の回復が可能です。しかし、回避をトリガーにして強力なバフ効果を発動させたいアンスリアにとって、連続攻撃確率DOWNは回避成功率を引き下げてしまう諸刃の剣です。闇雲に使うことはお勧めしません。

ランダム要素が強い

非常にランダム要素が強いキャラです。回避に成功できるかどうか、テンション付与のレベルはいくつといったように、その時々で火力の多寡の差が大きいです。安定した行動ルーチンを組むには不向きでしょう。

他の味方のHPが減りにくい

運用上、アンスリアに攻撃を集中させる必要がありますので、他の味方の被弾は少なめに抑えられる傾向があります。背水でダメージを加速させるような武器編成の場合は使いにくいかもしれません。

敵対心UPの競合が多い

火属性には敵対心が上がるキャラクターが非常に多いです。(アギエルバ、アオイドス、アリーザ、ソシエ、ガンダゴウザ、水着ベアトリクスなど…) 回避させてナンボのキャラクですので、これらのキャラと併用する際には注意が必要です。

環境に左右される要素が強い

回避するためには敵の攻撃対象になることが前提となりますので、環境に左右されることが多いです。まず、SAばかりの敵には非常に相性が悪いです。DAやTAが多めで多段の特殊技を持つ敵相手に採用することになると思います。また、魅了の状態異常で敵の行動自体が阻害されるのも困り物です。マルチバトルで利用する場合には留意する必要があるでしょう。

リファレンス

本記事を書くにあたり、以下の検証情報を参考にしました。

キャラ運用考察:アンスリア」への2件のコメント

  1. わたしもアンスリアが気に入っているのでいろいろな確率を数字で見せてもらえてよかったのですが、LB回避☆3の効果は3%ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。