火格闘染めPT with 梵天添甲

もうすぐ火古戦場です。最終解放された梵天添甲(ガンダゴウザ武器)とオメガクローを採用した、火格闘染めPTを作ってみました。

火PTの一般的な話をすれば、オメガ剣との親和性が非常に高く、スツルム水着ベアトリクスを筆頭に、パーシヴァルユエルといった最終解放組、神バハ特典のシャリオス17世など、バラエティ豊かで高いキャラパワーがあります。ですが、弊グランサイファーには、スツルム・水着ベアトリクス・シャリオス17世がおりません。特に前半二人、ガチャから出てくれ頼む……。

まぁ、そんなわけで、うちはオメガ剣PTを組むアドバンテージがあまりないなと思い、普通に解放エッセルにユエル挿して11T目で吹き飛ばすPTでも組もうかと思ってたのですが、解放梵天添甲が面白そうな性能をしていたので、いろいろ検討しました。

運用例

とりあえず、ゼピュロス相手に運用してみた動画をどうぞ。一発撮りなのでマウスカーソルの動きが結構アレです。シヴァxシヴァ運用で、装備内訳はPT編成案の項にあります。火船と属性炉は入った状態での動画となります。

梵天添甲

実装時から、何かとネタにされがちなガンダゴウザさん。以前は1アビが暗闇を上書きする仕様で、20秒で切れてしまうため使ってはいけないなど、非常に不遇なキャラでした。梵天添甲は、当時としては珍しい火の格闘武器で、開始3Tに攻撃バフがつくといった優秀な性能で、武器が本体とか揶揄されていた覚えがあります。その後のバランス調整により、普通に使える性能へとなりネタ要素はだいぶ薄れていきました。

そんなガンダゴウザの武器である梵天添甲も、とうとう最終解放が実装されました。検証情報はへかてさんの記事がありますので、そちらより抜粋させていただきました。

  • 奥義効果:自身に幻影効果(1回)/自身のクリ率UP(3T、倍率30%)
  • 古今無双の烈拳:火キャラの攻撃UP(攻刃枠18%)/メイン装備時に格闘キャラDA率UP(約20%)
  • 先制の炎刃:バトル開始から3Tの間、火キャラの攻撃UP(攻刃枠20%)

オメガクローの下位互換やんけ!みたいな感想になるかもしれませんが、この武器をメインで握ってオメガクローをサブで挿せば、DA40%/TA20%を武器で確保できることになり、アテナ槍などが一切不要になるといった利点があります。奥義は自身に幻影とクリティカル率アップで、全体へのバフがないのが残念ですが、火格闘キャラは敵対心アップ持ちが多いという背景も合わせて、ファイティングスピリットの維持がしやすいといった利点があり、かなり噛み合いそうだなといった印象。

格闘得意キャラ レビュー

さて、火にはどんな格闘得意キャラがいるのか。ざっくりレビューしていきます。ニーナ・ドランゴはいないので省略です。

  • グレア:別枠追撃アタッカー
    • 1アビのドラグフォース付与で追撃20%+別枠50%
    • 3アビがTA確定/2T
  • ソシエ:連撃バッファー
    • 2アビが60%カット
    • 奥義で味方全体に追撃10%/6T付与
    • 舞って連撃率を上げてくキャラ
    • 舞うと敵対心上昇
    • 敵対心が上がるキャラその1
  • アリーザ:上限突破アタッカー
    • 2アビの上限アップと、2アビ/奥義による高倍率クリティカルの組み合わせが魅力
    • 3アビが累積の別枠攻撃アップで長期戦対応
    • 敵対心が上がるキャラその2
      • 1アビに敵対心UP+回避カウンター/敵対心LB持ち
      • 被ダメージでDA率上昇バフが付与
  • アンスリア:テンション付与バッファー
    • 2アビ/3アビ使用中に敵の攻撃を回避して、効果を発動させるテクニカルなキャラ
    • 1アビが敵対心UP+回避率UP
    • 2アビ中に回避で、味方全体にテンション付与3T
    • 敵対心が上がるキャラその3
  • ガンダゴウザ:累積攻撃アタッカー
    • 3アビを維持しながら、累積攻撃バフを積む
      • 敵の攻撃対象になることが肝要
    • 1アビの日暈付与で敵対心上昇
    • 敵対心が上がるキャラその4。

総評

敵対心が上がるキャラばっかです!!!

特に、敵の攻撃対象にならないと真価が発揮できないキャラが二人います。(アンスリア・ガンダゴウザ)これらのキャラを運用する場合は、他のキャラに敵対心LBなどを振らないように注意する必要があるでしょう。

また、防御デバフや敵の行動阻害系は、ガンダゴウザの日暈(20秒)のみであり、清々しいほどにありません。自発向けにPTを組むのは一苦労といったところでしょう。

ただ、ダメージを加速させる要素はありますし、アビリティの噛み合わせも悪くないので、デバッファーさえどうにかできれば、高い火力を発揮することは可能でしょう。

PT編成案

元カレ計算機さんでいろいろ検討しました。検討結果はこちら。ここらへんの計算結果をベースに、自分の手持ち装備でできる編成を探して、グラブル装備シミュレータさんで結果作ってきました。

自分は火の課金武器を1本も持ってないので、こんな感じになってます。

シヴァxシヴァ

属性石を両面に並べて、攻刃をバランスよく配置して、火力を上げていけといった思想のオールドスタイル。でも、属性石140%*2+ベース攻撃力が高いならば、ダメージは十二分に出せます。

具体的には、以下の編成でジータの攻撃力が150万付近になり、防御下限を想定すればダメージ減衰付近までいきます。火船(10%)と属性炉(10%)と古戦場アビリティ(20+5%)を加味すれば十二分すぎるほどの火力が発揮できます。技巧や背水なんていらんかったんや!!!!!

朱雀光剣・邪はブラックアックスとどちらにしようか悩みましたが、グレアとかアリーザが上限たたきそうなのでこちらを採用。イフ斧が3本あるなら、朱雀光剣かコロ杖が入れ替え対象になると思います。

シヴァxアグニス

HP80%時点で、攻撃力140万程度となります。プロメテウス杖の自傷ダメージによる背水が効いてくると、そのうちシヴァxシヴァを上回るでしょう。

シヴァxシヴァよりも長期戦向け。ただ、アグニスを使うのなら、格闘染めせずに、普通にアテナ槍2本+イフ斧メインでもいいかなと思いました。

シヴァxマグナ

シヴァxシヴァから朱雀光剣を抜いて、コロ杖を1本挿した編成。この編成でも、攻撃力137万でDA/TAが40%/20%積めます。

まとめ

火力は高いし、普段あまり使わないキャラが使えるので面白い編成だと思います。アンスリアとか、アリーザとか使えますよ!!!!

初速も早めで、連撃率も高いのでなかなかいい感じに仕上がっていると思います。最大の問題は、デバッファがいないことです。救援向けな編成かなーと思います。

2件のコメント

    1. 古戦場95HELL/100HELLあたりなら稼げそうな気はしています。今のゼピュロスは溶けるの早いので厳しそうです。

      1T目にアビは4,5個つかいたいですが、その後はそれほど多くないので5, 6Tぐらいは殴りたいです。
      特にアンスリア採用なら、3T目にテンション発動すれば、4T/5Tまでは継続しますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。