風古戦場 ゼピュロス編成レビュー

古戦場お疲れ様でした!!

うちの団は、前回の土古戦場のマッチングが嘘のような穏当なマッチングだったので、全日が朝決着で終われたので、相手の動向みながら別ゲーを満喫できる感じでしたね!

風はマグナが非常に強い属性で、ゼピュロス編成作っている方でもマグナで戦うほどなのですが、自分は風エレ不足という事情と、古戦場の団バフがある条件下ではマグナ装備と大して変わらないという前提の下、グリム琴編成には手を出していませんでした。

ですので、90/95/100HELLと全部ゼピュロス編成で走りました。その編成記録的なものを置いておきます。ただ、本戦全日が朝活で終わっているため、調整不足な点も多いです。それなりに早かった編成の一例という観点で見ていただけると幸いです。

90HELL

90HELLだけは動画があるので、そちらを乗せます。

今回の古戦場は朝ATを採用していたため、フルチェ硬直に苦しむことに。AT環境下での早期討伐を探していたところ、ダンサー編成となりました。3アビ1召喚4Tで安定して狩れてた感じですね。(グリムは裏で召喚してます)

動画は夜ATで撮ったものなので、回線状況の遅延でロスが大きいですが朝のレスポンスがよい状態なら40秒切りはできました。

編成は以下。メイン武器はル・フェイとリユニオンで悩みましたが、試した結果、ル・フェイのほうが安定したのでこちらを。奥義で追撃バフがかかるのと、ダンサー2回行動があるのでダメージがこちらのほうが上だったのでしょう。

95 HELL

95HELLが一番苦しんだかもしれません。とりあえず “それなりに” 早い編成は組めてますが、納得いかない点は多かったです。

大体1体あたり2分ぐらいのペースでした。AT無しで単奥義で回せていれば、1:40ぐらいまでは肉薄できたかなと思います。方針としては、アビを極力減らして高速にターンを回し、13Tにニオ4アビにシヴァを合わせて打つというシンプルな形です。ATスタートなので、チェインがなかなかずらせないため8T目あたりからは奥義温存で殴ってターン回してました。

編成は以下。メイン武器がベルセルク・オクスってのは、単純に風オメガ剣がないだけです。EXにレイジ挿してますが、ゼピュロス編成ではレイジほとんど効果ないので、初Tにフルチェを崩すためだけに使ってました。でも、無いほうが早かったかもしれませんね。

100 HELL

ペアでやってみて、時速は約3000万でした。ただ、改善点がいろいろあるので、3200万ぐらいまでは伸びるかなと思ってます。

まぁ、貢献度が伸びそうな根拠ですが、全部救援で入っていて、かつシヴァを投げるためにターン回す必要があるため、奥義がほとんど打てなかったという点ですね。ATいらんかったんや!

実際、AT外でも試してやってみましたが、ペアで1:53ってタイムは出せてます。

編成は以下。トワイライト撒いてDA/TAと属性バフを撒きながら、ひたすらターン回して、13T/14Tでシヴァを相方に渡してフィニッシュ!といった構成でした。奥義が炊ければ、メースの奥義効果のバフでクリティカル上がってダメージ上限を叩きます。

総評

団バフがある時間帯では、マグナ編成と遜色ないレベルでの朝時速は出すことができました。

ただ苦しかった点も少なく無かったです。特に苦しかったのがサポ石で、風のサポ石はティアマグが完全にメインストリームとなってしまっており、フレンド確保に難点が付き纏います。

フレ石を同一の召喚石で染められていない場合、サポ石を選ぶ時間でロスを食います。古戦場では時間あたりの貢献度を争うので、サポ石選択という盤外戦で不利を被るのは辛いです。

また、単純にダメージもマグナのほうが強いです。これは覆せません。ゼピュロス編成ではDAを積むことができますが、風マグナ編成はオメガ剣奥義+ニオバフでこれを解決していくので、決定的な差には成り得ません。唯一の強みは、リユニオン+ラファエルの守護分でHPが高いという点だけでしょうか。

風古戦場でのゼピュロス利用率を鑑みても、ゼピュロス編成にてこ入れは必須だと思うんですけどねぇ…. なんでW攻刃のエタラブがあったのに、リユニオンもW攻刃にしたのかが本当に謎でしかないです。

風古戦場 ゼピュロス編成レビュー」への2件のコメント

  1. I cannot understand the explanation since i am only using google translate and i cannot read japanese language. From what i have understand, magna is stronger than zephyros?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。