水古戦場大反省会

古戦場本戦お疲れさまでした。反省会します。

鰹剣豪

古戦場開始直後、団内で以下の動画が共有されました。

見たときの感想は、『これ95HELL食われるやつでは??』って思いました。実際、1/2日目に上の動画からさらに最適化した形の鰹剣豪で90HELLを延々とやっている組はいましたが時速かなり早かったです。

正直、90HELLをこの程度の手間で2Tで飛ばせるとは思ってませんでした。鰹が奥義ゲージ200%ってのと、剣豪というジョブと、ブルースフィアの必殺が全て噛み合ってしまった感じでしょうか。エウロペ琴に加えてブルースフィアが登場したことにより、奥義特化の編成が猛威を振るった古戦場でした。剣豪の使用率が非常に高かったと思います。

剣豪を甘く見すぎていたのは大きな反省点です。(といっても、鰹が作れない&ブルースフィアが作れないという時点でどうしようもなかったかもしれません)

自分の古戦場結果

正直なところ、今回は非常にきつかったです。特に95HELLソロはどうしたらよかったのか、最適解は本当にわかりませんでした。時速は95HELLソロで1900万、100HELLペアで2700万ぐらいといったところ。正直、団時速にあまり貢献はできませんでしたね。

95HELLソロ

立ち回りについては、黒猫以外は各種トリガ行動を以下のように対処しました。黒猫は50%トリガとかは踏み抜いていってもあんまり問題はなかったです。

  • 75%:グリム / ウーノ3アビ / メースハウンド1アビ
  • 50%:ゴブロ
  • 25%:ウーノ3アビ

編成についてですが、苦悩に満ちた試行錯誤の残骸たちをどうぞ。

黒猫道士(ルナティックブルーム):2:25 – 2:40

通常攻撃のダメージは想定どおりぐらいまで出ていました。黒猫の利点は50%を素受けでもほぼ混乱状態にならないことと、マグナ編成でのHPでも問題なく戦えるという2点だと思います。一番の問題は、ジータの奥義頻度が低いということで、討伐速度で足を引っ張った面は否めなかったですね。杖得意の奥義アタッカーがいればもう少し違ったかもしれません。

PT編成は、ドランク・クリアルルは未所持ですので、アルタイル・リリィを固定として、残り1枠をバフ要員としてウーノ(奥義バフ)・水着イシュミール(ブリザード/サポアビ渾身)・ヴァジラ(奥義バフ)の3キャラを試しましたが、どれも飛躍的な時間の短縮には繋がりませんでした。

ベルセルク(ベルセルク・オクス):2:15 – 2:45

マグナ編成なら、オクスメインのベルセルクもありなのでは?と思い、試してみました。PT編成は、ウーノ・カトル・水着イシュミールで、水着イシュミールのブリザードとサポアビの渾身を受けながら減衰を叩いていくというものです。

この編成の致命的なところは、デバフが安定しないという点ですね。アルタイルの偉大さがよくわかります。また、ブリザードを炊いているので被弾ダメージは結構きついです。黒猫時のような防御バフがあるわけではないので、これで安定した速度を出すのはかなり難しいと思います。

レスラー(六崩拳):2:20 – 2:40

これ別にヴァルナ編成でもいいんじゃない?って気づいてしまったので、ヴァルナ編成でもやってみました。タイム的にもマグナとそこまで変わらなかったです。

ハウンドドッグ(メース):2:35 ぐらい

100HELLペア用の編成を持ってきましたけど、それなりに速度はでそうな気配はありました。2、3回やってみた程度ですが。

100HELL

こちらはペアでやりました。自分はメースを握ってフィールド2種を貼りながら殴るといったような感じです。編成は以下。

こちらもトリガの対処はウーノ3アビやゴブロによる100%カットを軸に。75%トリガは85%に移動してきましたが、メース1アビで凌ぐ感じでした。50%トリガはウーノ3アビが使えるならウーノ3アビを、そうでない場合にはゴブロを切るという立ち回りでした。

相方は鰹ヴァルナ剣豪で、最速2:35といったところでした。自分の稼いだ貢献度は大体45~50%ぐらいでしたね。

まとめ

鰹と水オメガ刀作って剣豪やりましょう。

水古戦場大反省会」への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。