0からはじめるクラフターレベリング Part.10 (20-21日目)

とうとうクラフター着手から3週間です。

現在までの進捗

 ↓ ↓ ↓

ようやく、クラフターが全てLv50になりました。

この土日で、冒険録でLv60まで上げた新規ギャザラーリテイナー6人の装備をそろえて、園芸のクラスクエストを完了しLv70にしたので、ギャザラー方面はひと段落といったところ。赤貨をぼちぼち集めて、伝承録が揃い次第、蒼天と紅蓮の未知・伝説の採集手帳などを埋めに行くぐらいです。

ここからはクラフターに注力して、GC納品・蛮族デイリーをやりつつ、中間素材作成・ギルドリーヴを併用してレベリングに集中します。素材の関係で詰まるかもしれませんが….

  • ギルドリーヴ
    • 今回42枚、累計130枚
  • ギル収支
    • 支出:今回150k, 累計1.43m
      • 素材、シャード類
    • 収入:今回260k, 累計2.34m
      • レベリング時製作物のマケボ売却
      • 製作した中間素材HQのマケボ売却

園芸・リテイナー準備

先日リテイナー雇用数を増やし、園芸・採掘のリテイナーを3人ずつでベンチャーを回せる環境を作るのを目指してます。Lv60までは冒険録でスキップできますが、Lv60-Lv70までは上げる必要があります。。

ギャザラーのリテイナーベンチャーは獲得力が上がる装備が必須なので、それを園芸(と採掘)の蒐集品で集めた赤貨で整えていく感じでいきました。先人のロドストを参考にし、獲得力806を目指して装備を整えました。

参考:リテイナーの装備更新について

自分の場合は、Lv61の装備更新を赤貨のみで終わらせました。主・副道具と手を強化赤貨装備、胴脚を赤貨装備で揃えて獲得力810です。リテイナー1人あたり、必要な赤貨は1800枚でした。

園芸は、この赤貨稼ぎをやっていたらLv70になってました。園芸のほうの装備は黄貨のIL350装備で整えておしまい。クラフターが落ち着いたら、赤貨を集めて伝承録揃えたいと思います。

鍛冶・甲冑:Lv45 – Lv50

製作手帳も手ごろなところを埋め終わったので、最後はギルドリーヴで押し込みました。使ったギルドリーヴは、鍛冶がコバルトレイジングハンマー、甲冑がコバルトアーマードカリガで、どちらも聖コイナク財団の調査地のリーヴです。甲冑はコバルトプレートでもよかったんですが、リーヴ受注と納品が離れてて面倒になったので聖コイナクでやってました。

裁縫:Lv57 – Lv60

Lv57まではちょくちょく青麻糸を作ってレベリングしてたんですけど、ギルドリーヴが溢れそうだったので、中間素材生産の材料はあったものの大規模製作依頼でさくっと上げて終わらせました。使ったのはハロードラミー・キャスターサッシュの大規模製作依頼です。錬金が既にLv60だったので、素材の調達が楽だったからこれを選択しました。

大規模の製作依頼は普通の製作依頼と比較して、リーヴ権1枚あたりの経験値は0.7倍程度となりますが、納品物1個あたりの経験値は2倍ぐらいになります。HQ納品物の単価が高い場合は、大規模のほうが選択肢に入ると思います。僕はリーヴが溢れそうだったので、大規模使っただけですけど。

革細工:Lv53 – Lv56

 ひたすら革をなめしてます。

粗皮を沢山仕込んでおいたので、それをなめしてたら勝手にレベルあがってました。アルケオーニス(2stack)、ワイバーン(1.5stack)、ダルメル(6stack)と順番にステップしてきてるので、このままドラゴン、アンフィプテレと行く予定です。

ギルドリーブを使うなら、Lv56ドラゴンレザー・ヒーラーグローブあたりがよさそうかなって思ってます。裁縫と錬金のLvが既に60なので、HQ素材の調達が楽なので。

鍛冶・甲冑:Lv50 – Lv54

ミスライトナゲットを主に、中間素材作ってました。まず、鍛冶を中間素材生産でレベリングし、過程で出来たミスライトリベットHQを10個を、甲冑のLv50大規模ミスライトリベットに持っていき、甲冑はLv50からLv53まで一気にスキップしました。

クラフターは、同じ装備でもLv50からLv51で一気に作業/加工効率が上がります。システムがどうなってるかわかんないんですけど、内部のレシピレベル的なものが影響しているのかもしれません。Lv51以降のレシピをLv50で作るのは非常に効率が悪いので避けたほうがいいです。モーグリ族の蛮族クエやマケボ調達のギルドリーヴなどで、Lv51にしてしまいましょう。

全クラフターLv50を振り返って

基本的に中間素材の製作経験値で稼ぐのがメインだと思います。それ以外に取れる選択肢があまりないです。よくクラフターレベリングの記事みてると、ギルドリーヴ活用を~とかって言ってますけど、Lv50までのギルドリーヴってそこまで経験値にうまみがないんですよね。というかイシュガルドのリーヴが美味しすぎるので、Lv50まででギルドリーヴ使い切るなんてことはおきないようにしたほうがいいです。

正直Lv50までだったら、NQできてもいいやってマクロ組んで、脳死で回してたほうが楽かなあと。完成品ではなく中間素材を使う理由は以下の4点。

  • 素材を揃えやすい
  • NQ品が出来ても困らない
  • 必要な作業回数が少ないため、1回あたりの生産時間が短い
  • 再利用が可能なので腐らず、マケボ需要もそれなりにある(調理除く)

実は新生(2.0)の頃にもプレイしていて、その時もクラフターはほぼLv50まで上げてたんですけど、なんか新生2.0の時とそんなに変わってない印象で、結構しんどかったです。

ただ、当時一番しんどかった裁縫のレベリングは非常に楽でした。リテイナーベンチャーでモブ素材(特にフリース)が安定的に調達できて、シルフの蛮族ショップで亜麻糸が店売りで購入できたため、あんまりマケボを使う必要はなかったです。同様に、ゴブリンの蛮族ショップでボムの灰が購入できることで、鍛冶・甲冑も楽になってました。

このレベル帯に関しては、ギルドリーヴは使いやすいものは使うという感じ。リーヴ1枚当たりの経験値効率を加味すると調達依頼になるんですけど、移動がだるいのでやりませんでした。また、三国でのギルドリーヴは受注と納品が離れているため、これも結構だるいです。リムサとか結構使いましたが、マップ移動挟むのは本当に面倒でした。

ギルドリーヴに関しては、特に錬金のラノリン大口は使いやすかったです。錬金はLv36ぐらいまで来たら、あとはひたすらラノリン作ってギルドリーヴ大口納品でLv50目指せると思います。

イクサル族の蛮族クエも併用しましたが、これはあまり時間効率には効いてない印象です。ただレベリングすることが目的なら、何か作ってたほうが時間効率は圧倒的に高いと思います。イクサル族の蛮族クエ完遂以降は手を付けてなかったです。

0からはじめるクラフターレベリング Part.9 (17-19日目)

今回、あまり進捗がないんで短いです。

現在までの進捗

 ↓ ↓ ↓

平日であまり時間がとれず、GC納品と蛮族デイリー消化がメインでした。あと、調理・園芸のクラスクエストで時間もってかれたりしました。レベル増分はそれです。土日はがっつりやります。

また、大幅にリテイナー増やしたことで出品数が増えたため、今まで作ってきたものが結構売れました。収支が黒字になってます。

  • ギルドリーヴ
    • 累計88枚
  • ギル収支
    • 支出:今回100k, 累計1.43m
      • 素材
    • 収入:今回840k, 累計2.08m
      • レベリング時製作物のマケボ売却
      • 製作した中間素材HQのマケボ売却

0からはじめるクラフターレベリング Part.8 (15-16日目)

現在までの進捗

 ↓ ↓ ↓

少し忙しいため、デイリー消化中心のまったり進行。蛮族デイリーとGC納品のデイリーは消化し、園芸はビーチの枝蒐集品で赤貨集めしながらまったりレベリングです。

  • ギルドリーヴ
    • 累計88枚
  • ギル収支
    • 支出:今回180k, 累計1.33m
      • 素材(鉱石、青麻、虹綿など)
    • 収入:今回450k, 累計1.24m
      • レベリング時製作物のマケボ売却
      • 製作した中間素材HQのマケボ売却

革細工:Lv48 – Lv50

Lv45ぐらいからずっとイクサル族でした。主道具と副道具の更新ケチってたので、装備品のHQ生産が安定せず製作手帳埋めのやる気が起きなかったからです。

多分、粗皮なめしてたほうがレベル上がるの早かったです。

彫金:Lv45 – Lv50

中間素材はいろいろつくったので、製作手帳埋めでLv50を目指せる状況だったのですが、リテイナーの倉庫や出品数がパンパンで完成品の処遇に困るという事情と、イクサル族の蛮族クエストがまだ完遂していないという2点の理由でちょっと止めてました。

前者はリテイナー雇用数を増やすことで対応し、イクサル族の蛮族クエストも最後まで完走しましたので、まずは彫金からLv50にしました。レベリングは製作手帳埋めと中間素材作成です。いつものです。

彫金は中間素材の数が非常に多い上に素材が安価な宝石群があるので、製作経験値主軸のレベリングだけなら楽でしょう。再利用性を考えると、宝石はあまり需要が高くないので辛いところですが。

裁縫:Lv51 – Lv55

裁縫はまだまだステータス不足でギルドリーヴ納品物のHQ生産ができないため、中間素材でのレベリングとなっています。手元にあるのは、虹糸65本、虹布20枚、聖虹布10枚って感じですね。

ぼちぼち青麻糸/青麻布がそれなりにHQ狙える状態になるはずなので、青麻系の生産→ギルドリーヴ納品(Lv56 ハロードラミー・キャスターサッシュ)とステップしてLv60を叩こうかなと思ってます。

0からはじめるクラフターレベリング Part.7 (12-14日目)

現在までの進捗

 ↓ ↓ ↓

休日だったのでかなりレベリングが進みました。

木工・園芸もLv60で、錬金もLv60になってます。また、彫金・鍛冶・甲冑もかなり上げました。そろそろ、クラフターALL Lv50は視野ですね。蛮族クエは、革細工(イクサル)、木工→錬金(モーグリ)、調理(ナマズオ)で消費って感じで。

  • リーヴ権
    • 今回14枚、 累計88枚
  • ギル収支
    • 支出:今回400k, 累計1.150m
      • 素材
      • GC納品物
      • イシュガルドリーヴのHQ納品物(錬金)
    • 収入:今回250k, 累計790k
      • レベリング時製作物のマケボ売却
      • イシュガルドリーヴのHQ納品物(あまり分)

木工:Lv53 – Lv60

Lv53でHQ副道具をマケボで調達したところで装備が概ね整ったたため、ここからはモーグリ蛮族クエではなく、自前で上げました。

レベリングは、ダークチェスナット材生産→ダークチェスナットロッドHQ作成+ギルドリーヴ納品でLv56まで、Lv56からはダークチェスナット材の蒐集品納品であげました。ダークチェスナット原木は園芸のレベリングで採ったものではたりなかったので、マケボ調達しました。

ダークチェスナットロッドには、錬金51レシピのグロースフォーミュラ・イプシロンが必要なので、こっちは錬金のレベリングついでに錬金で作ってきました。

園芸:Lv55 – Lv61

この区間については、未知採集の蒐集品納品のみでした。未知は必ず6回掘れるため、1回で複数の蒐集品が狙えるという点が大きく、また経験値が高いというのがよい点です。

基本的には、クラフターレベリングがメインで、未知採集の時間だけ蒐集品を狙うというスタンスだったため、Lv54 – Lv55の蒐集価値400~のものをターゲットとして園芸をやるって感じでやってました。

蒐集価値上げは、審理眼→慎重x3でちょうど400になったので、自分はこれでやってました。もし足りないのならば、コーション入れて慎重x4とかが安定するでしょう。

Lv60以降も、赤貨で装備整えたいので継続して未知採集を狙ってます。

彫金:Lv35 – Lv45

Lv38ぐらいまでは製作手帳埋めしてたんですけど、宝石の種類が多くて面倒で、Lv38からLv45は中間素材でのレベリングに切り替えました。

製作したものは、卵砥石とエレクトラムインゴットで、これらは需要がそれなりに高いため、腐ることはないでしょう。

鍛冶・甲冑:Lv16 – Lv43

使う素材が似てるのでここらへんは並行しながら。基本的には製作手帳の埋めやすいものは埋めて、あとは中間素材でレベリングです。

  • Lv16 – Lv25
    • 製作手帳埋め
  • Lv25 – Lv32
    • スチール系中間素材(インゴット/リベット/プレート)
  • Lv32 – Lv39
    • ミスリル系中間素材(インゴット/リベット/プレート)
  • Lv39 –
    • コバルト系中間素材(インゴット/リベット/プレート)

甲冑の素材屋で鉄鉱、ハウジングの素材屋でアイアンプレート、コボルトの蛮族ショップでボムの灰(スチールインゴット材料)が買えることは覚えておくと便利です。スチールインゴットはかなり数作ることになるので、コボルトの蛮族クエは解放して、ショップが使えるようにしておくのがよいです。

錬金:Lv50 – Lv60

まず、Lv53まではモーグリ族の蛮族クエで上げました。そこで副道具をマケボでHQ品に更新し、ミスライトエンチャントインクのギルドリーヴ(Lv50製作依頼)でLv54まで。

Lv54からLv60までは、瞬間にかわのギルドリーヴ(Lv54製作依頼)で突破。ただ、Lv54付近のころは自力でのHQ生産が無理だったため、Lv56まではマケボ調達したHQ品納品でやってました。

瞬間にかわの材料は結構多いんですが、自分はリテイナーベンチャーで確保済みだったので、この手段を取りました。採掘レベリングを並行するなら、硬銀砂を使ったハードシルバー・エンチャントインクの大口や蒐集品納品もありだったかもしれません。

0からはじめるクラフターレベリング Part.6 (10-11日目)

現在までの進捗

 ↓ ↓ ↓

調理が60に到達したため、ナマズオ蛮族クエストの解放や60装備への更新を行いました。また、園芸のレベリングを再開しながら、彫金にも着手しはじめてます。

蛮族クエは、革細工(イクサル)、木工(モーグリ)、調理(ナマズオ)で消費してます。木工は54あたりから、ギルドリーヴと蒐集品に移行しようかと考えています。

  • リーヴ権
    •  累計78枚
  • ギル収支
    • 支出:今回80k, 累計750k
      • GC納品物
      • ジョブクエ納品物
      • 60装備
    • 収入:今回100k, 累計500k
      • レベリング時製作物のマケボ売却

調理:Lv57 – Lv61

57から60までは蒐集品セサミクッキー納品で終わらせました。素材が安いのが素晴らしいですね。蒐集品については、手動でもやっていたのですが、途中からはHQ品を混ぜて、マクロでやってました。全部NQでマクロを使うと、自分の装備では納品要求品質に満たないことがありましたね。

ちなみにマクロはこれ。2マクロに分けました。まだ、51以降のスキルに慣れてないのでもっといいものはあると思います。

/ac 確信 <wait.3>
/ac コンファートゾーン <wait.2>
/ac インナークワイエット <wait.2>
/ac 倹約 <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac ヘイスティタッチ <wait.3>
/ac ヘイスティタッチ <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>


/ac マニピュレーション <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac ヘイスティタッチ <wait.3>
/ac グレートストライド <wait.2>
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>

装備更新

そういえば、装備更新について今まで書いてなかったので、一応書いておきます。

  • 30前後
    • ベルベティーンHQ品(フレに作ってもらった)
  • 40前後
    • リネンHQ品(フレに作ってもらった)
  • 50
    • アーティザンで主道具と防具更新(軍票交換)
  • 53
    • ホーリーレインボー(Lv52 ギルドリーヴ報酬)
      • マケボで非常に安いのでマケボ調達でもいい
    • 副道具更新
      • Lv53ジョブクエでもらえる
  • 58
    • 防具をアデプトへ更新
      • モーグリ貨幣交換、モーグリ貨幣がほかに使い道なさそうなので…
  • 60
    • 胴はガーランドNQ(マケボ調達 40k)
      • 胴は加工と作業が両方あがるため、ここだけでも変えておく
    • 腕もガーランドNQ(以前、掘り出し物で手に入れたもの)
    • 主道具・副道具・アクセは、赤貨交換でIL180へ

30とか40の防具はフレンドにHQ品作ってもらったのでちょっとズルしてます。マケボで買うなら10-20kぐらいですかね。

50から53を、モーグリ蛮族クエ+マケボ調達リーヴなどで終わらせるなら、アーティザン防具は交換する必要なかったかなーって思います。53のジョブクエ納品物に関しては、HQ納品の場合は特に自作が厳しいため、マケボ購入でいいんじゃないかなと思います。

また、50 – 60で主道具の更新ぐらいは1回入れてもいいかもって書いてて思いました。HQ品がリーヴ報酬になっていることがあるようなので、マケボ見て安かったら更新でもいいと思います。

園芸:Lv51 – Lv55

採集経験値でのレベリングに飽きてきたため、こちらも蒐集品納品を並列でやりはじめました。未知蒐集品を取りながら、それ以外の時間は、虹綿・青麻・ダークチェスナット原木を中心に集めてます。

このレベル帯ではほしい素材がそこそこありますが、50後半での素材は特にうまみがない(マケボ調達でも安い)ので、蒐集品をメインで上げてるんじゃないかなーと思います。

彫金:Lv27 – Lv35

ちょっとした隙間時間でレベリングしてました。シルバーインゴット・シルバーリングス・ミスリルインゴット・ミスリルリングスなどの中間素材製作をメインで。

ミスリルインゴットは鍛冶甲冑でも必要になるため、彫金は中間素材メインで上げてしまおうかなと考えてます。(鍛冶甲冑は制作手帳埋め主体を想定)

革細工がイクサル族の蛮族クエで50になった頃合いで、彫金が45ぐらいになっているようにほどほどに上げてます。

0からはじめるクラフターレベリング Part.5 (8-9日目)

現在までの進捗

 ↓ ↓ ↓

錬金が50になり、革細工も50が視野に入ってきました。また、調理のレベリングを再開し、60が見えてきました。

  • リーヴ権
    • 今回22枚, 累計78枚
  • ギル収支
    • 支出:今回110k, 累計680k
      • GC納品物のマケボ購入
      • ジョブクエ納品のマケボ調達
    • 収入:今回300k, 累計400k
      • レベリング時製作物のマケボ売却

錬金:Lv34 – Lv50

前回から引き続き錬金のレベリング。鬼にかわでラノリン製作可能レベルの35まで上げて、そこからはひたすらラノリンを製作。ラノリン180個ぐらい製作で35Lvから45Lvまで到達しました。その後はホワイトブリムへ行き、大口リーヴでラノリンを納品。リーヴ12枚で48ちょっとぐらいまで上がったので、残りはイクサル族の蛮族クエで50までフィニッシュです。

ラノリンは素材がカラクールの粗皮1個のみと非常に素材が調達しやすく、またマケボでもそこまで価格が高くないのでマケボ調達でも安く終わります。(自分は単価100~200ぐらいで調達しました)

これでコンファートゾーンを取得。念願のCP底上げスキルです。効果は地味ですが、使うことによるデメリットがほぼないスキルであり、非常に優秀です。

革細工:Lv19 – Lv44

粗皮やアルメンをマケボやリテイナーベンチャーで調達完了したので、革細工のレベリング開始しました。革細工は中間素材であるレザーのレシピが各レベル帯に存在するため、ひたすらレザー作ってレベリングしました。製作手帳埋めに走ってもよかったのですが、粗皮やアルメンを買い込みすぎたので中間素材作成だけでレベリングが終わってしまいました。

作ったのは、アルドゴートレザー50、ギガントードレザー50、ボアレザー100、ペイストレザー80、ラプトルレザー30です。ラプトルレザーの材料がもう少しあるので、それを使い切り次第、イクサル族の蛮族クエでLv50まで上げる予定です。

調理:Lv51 – Lv57

商用エンジニアリングマニュアルの調達や、お得意様納品をクラフターで行うために、先行で調理のレベリングに着手しました。Lv50から、中間素材への素材要求が上がるのと、必要工数や品質が跳ね上がるため、製作経験値を軸にしたレベリングは厳しくなってくる印象です。

ですが、このレベル帯、とにかくギルドリーヴ報酬がめちゃくちゃうまい。クラフターのレベリングでよく参考にしているERIONESさんなのですが、ERIONESさんに記載されている経験値よりも多かったです。どこかで緩和パッチ入ったんですかね。

使ったのはLv52のイシュガルドマフィンの製作依頼で、これが獲得経験値350k。リテイナーベンチャーでヤクの乳HQを調達し、ほかの素材は店売りで購入。なんとかHQで製作し、HQ納品で700k。リーヴ10枚使って、一気に52から57になりました。

ナマズオの蛮族クエを早めに開放したいので、調理Lv60まではいってしまおうかなと思います。残りもたぶんギルドリーヴ叩いてレベル上げます。

そのほか

デイリー系のものは粛々と消化してます。また、50以降のレベリング方針を変更したため、再度調査しなおしてます。

  • グランドカンパニー調達任務(Lv50↑ジョブは優先)
  • モーグリ族・イクサル族の蛮族クエ
  • 50以降のレベリングへの下調べ
  • リテイナーベンチャーによる素材集め
  • ギルドリーヴ納品物のマケボチェック

0からはじめるクラフターレベリング Part.4 (6-7日目)

現在までの進捗

 ↓ ↓ ↓

調理と裁縫も50へ。彫金、錬金、革細工にも着手し始めてます。

  • リーヴ権
    • 今回9枚, 累計56枚
  • ギル収支
    • 支出:今回310k, 累計550k
      • 錬金、革細工、鍛冶甲冑のレベリング用素材の買い込み
      • 50までに必要な分はほぼ仕込み完了
    • 収入:今回106k
      • 裁縫レベリング時のHQ装備品のマケボ出品

調理をLv50へ

アップルジュースを大口リーヴに納品しておしまいでした。HQ品が余ったので、マケボ出品しました。リーヴ納品対象のHQ品は需要があります。

裁縫をLv50へ

狙いはもちろん模範作業IIです。作業の完全上位互換であり、非常に強力なスキルのため、早めにとっておきたいです。

亜麻は園芸レベリングの際に3スタックほど、ダイアマイトウェブとフリースはリテイナーベンチャーで確保しておいたため、マケボでの素材追加はあまりなかったです。特に、フリースは需要が高いためマケボ調達だと高くつくため、リテイナーベンチャーが活用できたのは大きかったかなと思います。

レベリングは以下のような流れでやりました。

  1. 裁縫 Lv20 – Lv26/60%まで:露糸70個
  2. 革細工 Lv15 – Lv19:アルドゴートレザー
  3. 裁縫 Lv26 – Lv30:制作手帳埋め
  4. 彫金 Lv15 – Lv25:泥岩砥石、ブロンズリングス、シルバーインゴット、製作手帳埋め
  5. 裁縫 Lv30 – Lv39:亜麻布(亜麻糸をシルフ蛮族ショップで買う)、制作手帳埋め
  6. 錬金 Lv15 – Lv28:重曹、製作手帳埋め
  7. 裁縫 Lv40 – Lv50:毛糸、羅紗、不織布

途中寄り道しているのは、製作手帳埋めや不織布作成のために必要な素材を自分で作るためです。ビエルゴの祝福のおかげで製作手帳埋めの過程でHQ装備品が結構できたので、マケボ出品で支出分を少し補填することができそうです。

亜麻は確保しましたが裁縫レベリングでは使いませんでした。理由は、亜麻のマケボ価格(250G)に対して、シルフの蛮族ショップでの亜麻糸の販売価格が安い(186G)からです。同レベル帯には亜麻布があり、レベリングはこちらで済ませました。亜麻は、錬金でのリンシードオイル、裁縫Lv54での青麻糸と使い道がまだまだあるため、そちらで使います。

製作については、相も変わらずマクロ組んでやってました。装備変更によるCPのぶれなどは適宜マクロを変更して調整します。下は今回、一番使用頻度が高かった中間素材作成用のマクロです。毛糸・羅紗・不織布は全部これで作ってました。素材に1個HQ混ぜれば、HQ率はかなり高かったです。

/ac インナークワイエット <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac マニピュレーション <wait.2>
/ac 加工 <wait.3>
/ac 加工 <wait.3>
/ac 加工 <wait.3>
/ac 加工 <wait.3>
/ac ステディハンド <wait.2>
/ac グレートストライド <wait.2>
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac 作業 <wait.3>
/ac 作業 <wait.3>

毛糸130、羅紗40、不織布70ぐらいは作りました。このあたりの中間素材は需要がそれなりにあるので売れば元は取れるでしょう。

錬金のレベリングに着手

次は錬金のレベリングへ着手しました。重曹でLv28までは上げていたので、ここからは中間素材としての需要がある鬼にかわを作ってLv34まであげました。材料はアルドゴートの角で、マケボだとそれなりにするのでこちらもリテイナーベンチャーを活用して収集しておきました。

ここからはもう少し鬼にかわでレベルを上げて、レシピLv40へのラノリンへ繋ぐ予定です。

そのほか

前回と変わらず。Lv50までの指針は大体たててあるので、Lv50以降のレベリングをどうするか考えないとって感じです。

  • グランドカンパニー調達任務(Lv50↑ジョブは優先)
  • モーグリ族・イクサル族の蛮族クエ
  • 50以降のレベリングへの下調べ

0からはじめるクラフターレベリング Part.3 (4-5日目)

現在までの進捗

↓ ↓ ↓

木工と園芸が50です。調理も50に手が届きそうな感じです。

  • リーヴ権
    • 今回15枚, 累計47枚
  • ギル収支
    • 今回-100k, 累計-240k
    • 錬金、革細工、鍛冶甲冑のレベリング用素材の買い込み

園芸をLv50へ

前回から引き続き、クラフターのレベリングに必要な素材を集めてました。マホガニー原木1スタック(累計4スタック)、シャインアップル6スタック、ローズウッド原木7スタックでLv50へ到達しました。結構つかれました。園芸は、また素材が必要になるまでは棚上げ。GC納品ぐらいはやります。

木工をLv50へ

前回に引き続きウォルナットマクアフティルを作成。累計で110本ぐらい製作し、大口ギルドリーヴで納品してLv43ぐらいまで到達しました。(リーヴ権12枚消費)

その後、イクサル族の蛮族クエでLv45、マホガニー材製作100個、ローズウッド材製作110個でLv50到達です。ユーロングボウのギルドリーヴの出番はなかったです。

これで念願のビエルゴの祝福が使えるようになりました….! 他職の製作経験値稼ぎが捗ることでしょう。

モーグリの蛮族クエ解放

当面は全職50を目指しますが、商用エンジニアマニュアル取得のためにモーグリの蛮族クエで50↑のレベリングを並行します。前提クエが長いのがちょっとしんどい。

参考:【個人メモ】蛮族クエスト「モーグリ族」の前提サブクエスト

調理のレベリング

リクレイムの優先度はそんなに高くはないんですが、園芸でシャインアップルたくさん獲ったので調理のレベリングも終わらせてしまいます。作ったものはアップルジュース。6スタックのシャインアップルを全部ジュースにしてしまいました。これでLv40から45まで制作経験値でレベルアップ。

ビエルゴの祝福を覚えたことによりHQ率はかなり上昇。NQ素材からでも70%ぐらいはHQになったので効率は大分あがりました。ちなみに、スキル回しは以下でやってました。ちょうど15行なので1マクロで収まってます。

/ac インナークワイエット <wait.2>
/ac 倹約 <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 加工 <wait.3>
/ac 加工 <wait.3>
/ac 加工 <wait.3>
/ac 加工 <wait.3>
/ac 中級加工 <wait.3>
/ac ステディハンド <wait.2>
/ac グレートストライド <wait.2>
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac 作業 <wait.3>
/ac 作業 <wait.3>
/ac 作業 <wait.3>
/ac 模範作業 <wait.3>

あとは、手持ちにある大量のアップルジュースを大口ギルドリーヴの納品すれば50までは楽勝です。

そのほか

前回と変わらず。他職上げに向けて下準備してます。

  • グランドカンパニー調達任務(手軽にできるもののみ)
  • イクサル族の蛮族クエ
  • リテイナーベンチャーでフリース・アルドゴートの角集め
    • 裁縫/錬金レベリングへの下準備

0からはじめるクラフターレベリング Part.2 (2-3日目)

現在までの進捗

 ↓ ↓ ↓

レベルは木工、園芸が40手前まで到達しました。イクサル族の蛮族クエは調理に回しているため、レベルが37から上がっています。ギル収支は-40kぐらいで、累計で-140k。使い道はギャザラーの店売り装備と、霊銀鉱やアルメンのマケボ購入費用です。

園芸のレベリング

クラフターのレベリングと併せて、園芸もレベリングを開始しました。(採掘は優遇ボーナスがある時期に70までレベリング済み) ギルドリーヴはクラフターに回す予定なので、園芸のレベリングはひたすらクラフターで使う製作素材を掘ることです。採掘が70のため、商用エンジニアリングマニュアル(+150%)が使えるため、レベリングの速度は結構速いです。

掘ったものはジョブクエで要求されるものに加えて、木材・亜麻です。具体的には、ウォルナット原木5スタック、亜麻4スタック、マホガニー原木3スタックぐらい獲りました。41まではマホガニー原木獲るのでもうちょい増えると思います。木工のレベリングにローズウッド原木が必要なので、このまま50までは突っ走ります。

参考:紅蓮新規が0からはじめるギャザラー生活【園芸&採掘】

木工のレベリング

軍票でエンジニアリングマニュアル買ってきて、園芸で採った材木を加工するだけ!以上!

具体的にはLv24ぐらいからウォルナット材を170個ぐらい作成してLv34まで、マケボで安価で売られている飛竜黒曜石を調達し、ウォルナットマクアフティルを90本ぐらい作成して今のレベルです。ウォルナットマクアフティルの製作経験値はまだまだ美味しいので引き続き製作を行い、大口リーヴでまとめて処分予定です。その後は、マホガニー材、ローズウッド材の製作経験値と、45ギルドリーヴのユーロングボウの製作依頼で乗り切ろうと考えてます。

ウォルナットマクアフティルは以下のようなマクロを組んで、1本あたり経験値10000ぐらいはいってます。装備も32あたりでベルベティーンHQ品に着替えたため、品質はかなり稼げるようになってます。CP260で以下のマクロをぶん回してました。

/ac インナークワイエット <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 倹約 <wait.2>
/ac 加工 <wait.3>
/ac 加工 <wait.3>
/ac 加工 <wait.3>
/ac 加工 <wait.3>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 中級加工 <wait.3>
/ac 中級加工 <wait.3>
/ac 作業 <wait.3>
/ac 作業 <wait.3>
/ac 作業 <wait.3>
/ac 模範作業 <wait.3>

そのほか

以下のものは並行して消化してます。

  • グランドカンパニー調達任務(手軽にできるもののみ)
  • イクサル族の蛮族クエ
  • リテイナーベンチャーでダイアマイトウェブ・フリース集め
    • 裁縫レベリングへの下準備
  • 錬金レベリングに向けての下調べ

0からはじめるクラフターレベリング Part.1 (1日目)

零式もエウレカも一通り落ち着いて、エウレカ関連のマーケットも大分落ち着いてきたので、ヴィランズがくるまでにクラフター全部70に上げようかなと決意しました。クラフターといえばレベリングにお金と手間がかかるという印象があるため、じゃあ実際にどれぐらい金がかかるのかというのを記録しておこうかなと思います。これからクラフターのレベリングをするという方の助けになれば幸いです。

レベリングは極力ギル効率が悪くならない方針で行います。並行してギャザラーもやりますが、園芸のレベリングついでに素材も集めるというスタンスなので、足りないものはマケボで調達するつもりです。

全クラフターをLv15

クラフターALL15がスタートラインです。クラフターは各職でLv15, 37, 50で固有スキルを習得し、別職をやるときにその固有スキルをアディショナルスキルとしてセットすることができます。固有スキルには強力なものが多いため、クラフターは全職上げるメリットが大きいです。正直、使わない15スキルもありますが、装備の足並みを揃えるのと、15までは手間がかからないため、15までは全職やってしまいます。

上げ方としては、店売り素材を買ってひたすら製作手帳を埋めるだけ。以上です。裁縫や甲冑などは製作手帳が多いので苦労しないですが、錬金は製作手帳が少なく、製作手帳埋めだけでレベルがあがりませんでした。ですので、リーヴ数枚つかってLv15にしました。

上げる順番ですが、おすすめは裁縫/革細工から入ることです。彫金のマニピュレータも便利なのですが、この段階では倹約のほうが使いやすいです。また、裁縫は模範作業(効率90/成功率100%)が優秀なので早いうちにとりましょう。

Lv11からの基本スキル回し

製作によるレベリングに主軸をおく場合、品質を上げることで取得経験値を上げることができます。そのため、できる限り品質を上げれるようにスキル回しを考える必要があります。Lv11でインナークワイエットを覚えると基本的なスキルが揃うので、ここからはCPを最大限使い切りながら、いかに品質を上げて安定して製作を完了するかというのが主軸となります。この時点でのスキル回しは以下を使いました。アディショナルは模範作業と倹約です。

インナークワイエット

ステディハンド

倹約

加工x4

(加工 or 模範作業)

最後の括弧内については、製作物の必要工数を見ながら必要な回数の模範作業を入れます。

倹約とマニピュレータ、マスターズメンド

これらの3つのスキルは、耐久を増やす意味合いのスキルです。ですが、耐久回復効率が各スキル違うため、基本的にお得なのを使っていきたいです。

  • 倹約(革細工15) / 耐久20回復 / 耐久10あたりCP28
    • 倹約直後から3T以上は加工/作業をする必要がある
  • マニピュレータ(彫金15) / 耐久30回復 / 耐久10あたりCP29.3
    • ターン終了時に10ずつ耐久が回復する
  • マスターズメンド / 耐久30回復 / 耐久10あたりCP30.7
    • 条件なし

基本的には倹約のCP効率がよいですが、装備によるCP最大値やスキル回し次第でマニピュレータも使います。初期の頃のCPではマニピュレータを使うと加工のCPがなくなるため、倹約のほうが優先でしょう。マスターズメンドはあまり使いません。

調理師Lv37

すべてLv15まであげたら、有用なアディショナルスキルがあるものからレベル上げを開始します。まずはステディハンドII狙いで調理師Lv37から行きます。ステディハンドIIを取る利点は、加工や中級加工の成功率が70%であるため、ステディハンドII込みで成功率100%となり安定して品質を上げれるようになります。

調理師は素材の関係上製作手帳埋めが面倒であるため、製作経験値とギルドリーヴで上げる方針でいきました。使ったものは、以下のレシピです。(括弧内は製作単価)

  • Lv15 グリルドカープ, リーヴ有 (23G)
  • Lv21 グレープジュース, リーヴ有 (864G マケボ購入)
  • Lv22 ドライプルーン, リーヴ無 (150G マケボ購入)
  • Lv28 チキンストック, リーヴ有 (77G)
  • Lv29 コーングリッツ, リーヴ有 (750G マケボ購入)

反省としては、Lv20ちょいあたりはグレープジュースよりもドライプルーンのほうがよかったと思いました。(グレープジュースは製作単価が高い、ドライプルーンの製作単価が優秀)

また、Lv30からLv37までは、ミリオンコーン3スタックをマケボ購入してコーングリッツを作ってましたが、チキンストックのほうが製作単価が安くリーヴもあったので、そちらのほうがよかったかもしれません。まぁ、チキンストックはリーヴ納品がクォーリーミルで少し手間ですが。

Lv37まででギルドリーヴ30枚程度消費しました。そのうち20枚ぐらいはコーングリッツ大口です。NQも構わず納品してました。

コーングリッツのスキル回し

ここからはマクロ組んでました。マクロ流して製作やりながら、並行してグラブルしたりしてます。使ったマクロは以下。

/ac インナークワイエット <wait.2>
/ac ステディハンド <wait.2>
/ac 倹約 <wait.2>
/ac 中級加工 <wait.3>
/ac 中級加工 <wait.3>
/ac 中級加工 <wait.3>
/ac 中級加工 <wait.3>
/ac 模範作業 <wait.3>
/ac 模範作業 <wait.3>

装備あまり揃えてないのでHQ率は10%程度でとまりますが、製作経験値のために品質上げる必要がありますので、こんな感じです。

成果

リーヴ33枚、ギル収支 -100kぐらい。ちょっとリーヴを使いすぎた感はありますね。次回に続きます。