リミテッドグリームニルのアビリティを妄想する

現在の風属性の状況

有利属性相手ならば、両面ティアマグで琴3本入れたマグナが1強の時代です。グリム琴とティア銃を採用することで、どのHP帯でも安定した火力を発揮できるのが強いです。それに対して神石は、直近でゲイアサイル(攻刃・背水)と、ハツオイイルハル(背水・イクシード)を実装したものの、どうやって背水に持っていくかという点に課題が残っており、いまだに冬の時代といえるでしょう。

現状を打破するために…

近いうちにグランデフェスで実装されることが予想されるグリームニル(キャラ)ですが、『風属性キャラクターのHPを消費し、消費したHP分のバリアを展開する』なんてアビリティはどうでしょうか。グリームニルの召喚効果がバリアですし面白いんじゃないかと思います。

TLでは、グリームニル武器に渾身必殺を期待している人が多い(自分もその一人)ですが、グラブルにおいてパワーの強い渾身と必殺を1本の武器に乗せてくるというのは、流石にやりすぎじゃないかと思うんですよね。ならば、直近実装の背水武器を活かす方向で、背水を活かせるアビリティを持ったキャラが実装されるほうがありそうです。

このアビリティが実装されることで、以下のような状況が期待されます。

背水寄せの神石編成が実用へ

そもそも、風にはインドラリムという堅守スキルのついた武器があります。前々回の闇有利古戦場でハデス編成マジェスタスが猛威を奮っていたのは記憶に新しいところですが、風にも味方のHPを安定して削る方法があれば似たようなことはできるはずです。

神石とマグナ編成の明確な差別化

マグナにもティア銃があるため、マグナ背水編成でも利点はあります。ですが、堅守やイクシードでプラスアルファできる神石編成に比べると、マグナ編成は若干劣る部分があるでしょう。ただ、中途半端な神石編成ではティア銃主体のマグナ編成には火力で及ばないという側面もあるため、バランスが取れているかと思います。

渾身編成にも利点がある

また、従来のマグナ渾身編成であっても、アンチラの1アビと併用することでHPを全回復→バリアで高火力を維持なんてこともできます。また、渾身編成は両面ティアで運用するため、リミ天司キャラに共通する属性バフ強化のサポアビも非常に有用です。

兎にも角にも…

通常渾身武器が風属性にない以上、パーツの揃っている背水を活かせるようなキャラがほしい。その一点だけなんです。ゼピュロスは神石最弱属性なんていわれてますが、逆に味方全体をお手軽に背水に入れるキャラさえ来れば、パーツは揃っているので面白い編成がいろいろ組めると思います。頼んだぞCygames….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。