絶アレキ攻略日記 Pt.1 (11/12 – 11/15)

野良募集とかを探すのは面倒だったので縁がないコンテンツかなぁと思ってたんですが、お誘いがあったので実装直後から攻略の固定に白ちゃんで参加してます。攻略は大体1日2.5hぐらいを週6以上目標って感じの固定で、構成は暗ナ白学竜モ踊召です。

フェーズ1からなかなかの難易度で零式4層の最終フェーズでひいひい言ってたのが懐かしくなるぐらいのエグさですが、楽しみながらやってます。

現在の進捗

フェーズ1のリキッドは倒せましたが、突破率はまだ3割ぐらいなので安定させたい感じです。サイコロフェーズの練習中って感じですね。

ギミック処理については、細部は違いますが概ねAmaya式のような感じでやってます。

フェーズ1 ヒールワーク

概ねヒールワーク固まってきたので、ヒールワークをスプレッドシートに書き出しました。PT構成や軽減ワークで変わるので参考にならないかとは思いますが、せっかくなので最後に置いときます。

フェーズ1では、分裂後に常時2体を抱えることになり、とても痛いAAに加えてタンク大ダメが飛んでくる場面がそこそこあります。軽減が少なめなナイトのほうには、意識して多めにリジェネを投げるようにしています。

フェーズ1の中でヒーラー的に一番きついのは、1:30のカスケード(全体大ダメージ)から、窒息付与(エスナx3が必要)、本体+竜巻のプロティアンウェーブまでの流れのところですね。ここは1GCDでもミスると誰か死ぬ可能性がかなり高いです。DoT更新してる暇もあんまりないです。

 

Lv1からの漁師レベリング 後編 (Lv60 – Lv80)

漁師レベリング終わったので、後編です。

下準備

60と70でスクリップの装備交換をすることになるのでその分の黄貨はためておきたいです。サバイバルマニュアルはあまっていた分は使いましたが、商用サバイバルマニュアル60-70ではすぐに効果が切れてしまうため結構面倒です。改訂版サバイバルマニュアルも視野にいれるとよいかもしれません。

レべリング

Lv60までと比較すると、ぜんぜん釣りしませんでした。

Lv60 – Lv70

この区間は、大体5日ぐらいかけたと思います。以下の優先度でレベリングしました。

  1. クラスクエスト
  2. ナマズオ蛮族デイリー
  3. GC納品
    • マケボにないなら釣りに行く
  4. ギルドリーヴ
    • ナマコとか

感想としては、ナマズオ蛮族デイリーが元手が必要ない上に、時間もかからないので必ずやるべきって感じです。GC納品については、マケボで安く調達できるならありかなと思いました。ギルドリーヴはやらなくていいかな….

そんなに急がないのであればナマズオ蛮族デイリーやりながら、安い魚のときはGC納品して、クラスクエストの納品物釣りに行ってれば2週間はかからずに終わると思います。

Lv70 – Lv80

5時間で終わりました。家事休憩とか入れてるので実際はもっと短いです。このレベル帯でやることは非常にシンプルで以下の3つ。

  • リーヴ:サンドエッグ納品
    • Lv75まで
  • リーヴ:グルマンクラブ納品
    • Lv76から
  • ミーン工芸館 HQ納品

リーヴ納品物はNQで問題ないです。NQでも経験値がとてもおいしいので。自分はサンドエッグもグルマンクラブも単価300以下で買えました。

自分の場合は、Lv71からNQサンドエッグ99個、NQグルマンクラブ90個、ミーン工芸館オールHQ納品で終わりました。もの凄くちょろかった……

感想

刺突漁でナマコ99個ぐらい取りましたが、光の玉を追いかけるのは園芸採掘で十分かなって…. これから漁師リテイナーのレベリングして、食材集めはリテイナーに任せたいと思います。

Lv1からの漁師レベリング 前編 (- Lv60)

5.1までもう少し時間があるので、今まで面倒と思って手をつけてなかった漁師のレベリングに着手しました。霊砂とか魚介類とか、やっぱり素材はある程度自給自足したいやんな….

昨日、Lv60まで上がりましたので、どうやってレベリングしたかを軽く記録しておきます。

参考記事

この記事を主に参考にしました。また、この記事内で紹介されているこちらにも結構お世話になりました。

あと、漁師の定番サイトである、「猫はお腹がすいた」さんもちょくちょく参考にしました。

下準備

漁師は釣りによる経験値が主となるため、サバイバルマニュアルは用意することを強く推奨します。Strongly Recommendedです。

商用サバイバルマニュアル(黄貨交換)はもちろん、軍用サバイバルマニュアル:第三集(小隊任務)と飯も使ったほうがよいです。これがあるとないとでは、レベリング速度に雲泥の差が出ます。自分は60までに商用サバイバルマニュアルを40枚程度は使いました。

また、装備はHQ品で段階的に更新していくため、HQ装備品の入手手段や製作素材は用意しておきましょう。HQ率を可視化されないので効果があるかどうかはわかりませんが、博識マテリアをはめてもいいかもしれません。HQ釣り上げ時に経験値が+300%されるのはおいしいですので。装備更新は、10Lv, 25Lv, 35Lv, 45Lv, 50-51Lv(道具と頭は軍票), 55Lv, 60Lv(黄貨)を目安に行いました。装備は左側のみで、GPはあんまり使わないので60Lvまで右側は要らないと思います。

また、PC環境でも振動機能付きのコントローラーがあると便利です。パッドの設定で振動をONにしてトグルモードにしておけば、振動したら片手でボタンを押すだけで画面を見なくても釣りができますので、別のことをやりながらレベリングできるようになります。

レベリング

HQ装備とマニュアルを使って、とにかく釣りまくるだけでした。リーヴは一切使ってません。所要時間は12時間程度でしょうか……?

Lv30ぐらいまで

ジョブクエ納品物を狙いながら、各地を渡り歩きました。参考にした記事のとおりです。

Lv30 – Lv50

こちらはレベリング速度重点で、コスタ・デル・ソル→サゴリー砂丘→イシュガルド大雲海という流れです。参考記事に書いてあるとおりです。

Lv51 – Lv55

Lv53ジョブクエ納品物である『アイスピックスメルトHQ』を狙いつつ、ひたすらベーンプール南で釣りました。ストーンラーヴァ200個分ぐらい。余ったアイスピックスメルトHQは15kぐらいでマケに放流。Lv55納品の『ジャウーHQ』はマケボで安かったので、マケボで解決しました。

Lv55 – Lv58

Lv58ジョブクエ納品物の『バルーンパファーHQ』を狙って、ランドロード遺構でひたすら釣り。レッドバルーン250個ぐらい分は釣ったと思います。余ったバルーンパファーHQは30kぐらいでマケに放流しました。

Lv58 – Lv60

ゴブリンジグを買って、グリーンスウォード島でポンポンポンをひたすら釣りまくりました。ゴブリンジグは自分でも作れるけどマケボで買ったほうが安いです。釣果は大体150匹ぐらい。ポンポンポンは錬金素材でそれなりに使うので腐らない部類の素材だと思います。(安いけど)

感想

思ったよりはしんどくなかったけど、やっぱり時間はとられるなぁって感じ。

5.0以降の軍票稼ぎについて

リテイナーをたくさん雇用してリテイナーベンチャーで各種素材を集めている人にとって、ベンチャースクリップ稼ぎは結構重大な問題です。

自分は一番多いときで2000枚あったのですが、現在は700枚まで減ってきたのでそろそろ本格的に軍票稼いでベンチャースクリップに余裕を持たせておきたいなと思った次第でしたが、以前の軍票稼ぎが使えなくなってしまったため、5.0以降はどうやって稼ぐのがよいか考えた備忘録です。

使えなくなった最高効率手段

4.xでの軍票稼ぎ手段は、ギャザラー/クラフタースクリップの赤貨(4.xの下位スクリップ)をIL180のマスターハンドリングマスターランドリングへ交換し、それを希少品調達で納品するというのが主流でした。下位のギャザクラスクリップ50枚が、軍票1035になっていたわけです。

5.xでギャザクラスクリップも刷新され、下位のスクリップ(黄貨)50枚で今度はIL350のキングハンド/ランドリングとかが同レートで交換できるようになりました。軍票稼ぎの効率もこれで上がるかと思いきや、ギャザクラのスクリップ交換品は希少品調達できないように仕様変更されてしまいました。

つまり、ギャザクラスクリップ→軍票というルートが封じられてしまったわけです。

代替案1:詩学 → スカエウァ装備交換

5.0 で詩学のラインナップが一新され、IL390のスカエウァ装備が交換できるようになりました。

IL390は軍票1530で、レートとしては詩学180で交換できるアクセや、詩学120で交換できる盾あたりが狙い目でしょう。詩学カンストから軍票15000(=スクリップ75枚)ぐらいは稼げるということになります。

4.x時代よりは、詩学から軍票への交換レートは上がったので、ルレやモブハンなどのバトルコンテンツをそれなりにやっていて、リテイナーの雇用数が少ないならこのルートでもスクリップ需給のバランスは取れそうです。

ただ、後述の代替案3を使う場合は、詩学素材を使うケースもあるため注意が必要です。

代替案2:ID装備品

IDでドロップする装備品を軍票に変えるやり方です。これも従来どおりですね。日々のルレで手に入る装備品をちょくちょく変換するのはもちろん、制限解除でソロでやるやり方も割りとメジャーかなと思います。

5.0で制限解除でいけるIDの幅が増えたので、平均IL465ぐらいの白魔道士で試走してみたところ大体以下のような感じでした。それぞれ装備品は12個程度ドロップし、1個あたり軍票1300ぐらいです。

  • セイレーン海 (Lv61)
    • 踏破タイム:11:49
    • 難しくはないが、道中まとめポイント少な目
  • 紅玉海 (Lv63) 
    • 踏破タイム:10:57
    • 全体的に道中がまとめやすいのがGood
      • 1ボスまで:1-2ボス:2-3ボスで、2:1:2 回でまとめられる
  • バルダム (Lv65)
    • 踏破タイム:12:46
    • 2ボスが面倒で、道中もあまりまとめられない
  • ドマ城 (Lv67)
    • 踏破タイム:12:12
    • 紅玉海ほどではないがまとめやすい
    • 3ボス前の雑魚が固く、増援で雑魚が沸くタイプなのが面倒

アバニアは、2ボスが一人だと塔ギミックが処理できそうになく、面倒な気がしたのでやってません。70IDについても現時点の装備で紅玉海を上回れるビジョンがみえなかったので、やりませんでした。

おすすめは紅玉海ですね。11分で軍票が最大15000程度稼げます。

代替案3:希少品生産

クラフターで希少品調達のできる装備品を生産し、それを納品することで軍票を稼ぐという手段です。

マッドマンリビングロッド

古くからあり、かなり有名なやり方かと思います。IL55の錬金で作れるマッドマンリビングロッドは、必要な素材が店売りとリテイナーベンチャーですべて確保できるという点で楽です。また、中間素材の作成も1個のみであるため、とにかく簡単に作成できるという利点があります。(参考リンク

この手法の欠点は、1個あたりの軍票がとにかく少ないという点に尽きるでしょう。IL55の装備は軍票317であるので、とにかく数で勝負する必要があります。サベネアミスルトゥ・トリリウムの球根・ヴァンパイアプラントはともに未知素材で、1回のベンチャーで9個手に入るため、ベンチャースクリップ1枚で3本分の素材がたまる計算です。3本で軍票が大体1000なのでスクリップ5枚になる感じですね。

リテイナーを多く雇用していて、安定して自前でスクリップを稼ぎたいなら候補に挙がると思います。

4.x 新式装備

こちらは、詩学素材を使ったり、場合によっては素材をマケボに頼る部分があるため、安定したやり方ではありませんが、場合によってはありかなという方法です。

たとえば、羅刹大盾なんかが候補にあがるでしょう。これを6個作るのに必要な素材は以下となります。

素材の数は多いですが、これで軍票9000(=スクリップ45枚)になります。赤目砂鉄/ギラバニア式錬金薬/黄昏の霊砂の3つを除いた素材は、ベンチャースクリップ4枚相当です。また、70新式装備素材は旬が過ぎた素材であるため、マケボでの調達が格安でできる可能性もあります。自分はアジム湧水とかはマケボで200ギル以下だったので、マケボで調達してしまいました。

欠点として、70★4レシピは簡易製作できない点があるでしょう。どうしても、中間素材を含めて作るのに結構時間がかかってしまいます。あと、素材数が多いためインベントリの占有などはあるでしょう。

簡易製作できないということはマクロを流す必要があるため、逆に言えばリユースを組み込むことが可能です。本レシピで再利用できるのは、製作が一番面倒な千種鋼なのでリユースの組み込みには結構アドバンテージがあります。

まとめ

IDで装備品稼ぐのはかなり効率上がってたので、戦闘職がしっかり上がっていて武器のILが高いならID周回でいいと思います。

希少品生産も悪くはないです。マッドマンリビングロッド以外に、380新式も視野に入れていいと思いました。

5.05 クラフター装備 軽めのハイジャ禁断

今までは禁断なしの装備で練精しながら装備を使いまわしてたんですけど、軽く禁断した装備に変えることにしました。理由は以下の3点。

  • 青エクス/メガがあんまり高くない
    • エクスが70k程度、メガは10k以下
  • 青ハイ/ジャの在庫を使ってしまいたい
    • 5.1 装備更新ではエクス/メガを中心に使うためあまり使わないはず
  • 5.1の準備として 80☆2 の中間素材とか作っておきたい

1番最初の理由が強くて、青メガエクスに関しては練精で作らずにスクリップで交換して溜め込めばよいという感じ。また、単純に青メガの単価が安くて、装備をマテリア化してメガマテになると結構原価割れしますしね。

練精しないんだったら、腐りそうなハイジャ使ってそこそこ使える装備つくってもええんちゃう?って思い直したので、ちゃんとした装備をつくることにしました

本題

まず、目標パラメータを決めます。80★2はかなり座る条件が緩く、禁断なしでも飯込みなら足りてしまうため、80★2をある程度まともに作れる装備を目指すことにしました。

いい感じのマクロが転がっていたため、それを参考にして目標パラメータを決めました。(80★2 耐久35 CP59680★2 耐久70 CP595) 目標パラメータは、作業精度2160 / CP530(ブラッドブイヤベースHQで596) をマストとして、加工精度はできるだけ積むといった方向性でいきます。

目標パラメータを設定したら、あとはシミュレータでこねこねしながら編成を考えます。考えた結果、1禁ハイジャ、2禁ジャ、3禁は一部のみガorダ禁断という構成で作業精度2164/加工精度2157/CP530になりました。(FF14俺tools 装備シミュ)

 

こんな禁断でも加工精度が飯込みで2221まで積めますので、耐久35レシピでもオールNQからHQまで持っていくことができます。今回の新レシピの製作難度は低い低いと言われてきましたが、ハイジャの2禁まででこれなので確かに低いんだろうなって印象です。

禁断内訳は以下のような感じ。

  • 1禁:名ハイ4/巨ハイ3/魔ハイ4(+魔ガ2)
  • 2禁:名ジャ3/巨ジャ5/魔ジャ3
  • 3禁:魔ガ3/魔ダ1

結構バラけさせたので、各種ハイジャが20~30、ジャが40~70ぐらいあれば手持ちで対応できるかなと思います。自分は巨匠ジャの2禁目でありえない沼り方(1箇所で80個ぐらい割った)したので、巨匠ジャだけマケボで追加購入するハメになりました。

ジャをマケボで購入するくらいならメガ買ってもええんちゃうかってことには後で気づきました。この禁断案は、あくまでハイジャの在庫抱えてる人向けなので、マケボでジャを買ってまでやるのはコスパ悪いです。マケボで買うならメガジャのほうがいいと思います。パラメータもより積めるし。

クラフタシミュ

この装備で、80★2 耐久35の中間素材のマクロを適用させたのがこれ

5.1でクラフター装備更新くるまでは、十分な性能に仕上がっているかなと思います。飯薬は自給自足できるし、80★2中間素材も溜め込めるかなって感じです。

 

FF14 5.1に向けての準備メモ

零式も5週目に入り、消化も概ねスムーズになってきたので、ぼちぼち次のパッチに向けて準備していこうかなーって感じです。

漆黒リリースから今まで

5.0はかなり出遅れました。まぁ理由としては、漆黒アーリーアクセスとミリオン6th福岡の日程がもろ被りしてしまい、福岡から帰ってきた後、出遅れ感でFF14のモチベがあまりあがらずで、結局本格的に着手したのが7月中旬頃からでした。

7/17にメインストーリーをコンプし、なんとか7/18のNエデン開放には滑り込みセーフ。その後、極ティターニアや極イノセンスで装備を揃えた後は、モブハンでクラスターを集めながら、リテイナーのレベル都合もあるためギャザラー(園芸・採掘)から着手。

7/30に零式が開放されたので、ここで零式攻略にシフト。空き時間でこつこつギャザラーレベリングを行い、8/2には園芸採掘をLv80に到達しました。零式攻略は、4層クリアが8/9で、その後1~2週間ぐらいは各層の練習とかも結構やりました。今回、初めてのヒーラー職(白)だったんですけど、楽しかったです。logsのカレンダーみても、消化終わった後も結構遊びに行ったなあって思います。

その後、クラフターに本格着手し、クラフターALL80到達は8/19でした。これでようやく追いついた!って感じですね。濃密な1ヶ月半でした。

クラフター関連

とにかく、5.0スタートダッシュを決められなかったのが悔い。なので、5.1には万全の準備でいきたいと思います。まず、現在の装備状態ですが、[クラフター 5.0] LV80装備(無)禁断方法のススメの記事を参考にして、このまま使っています。記事中にもありますが、利点は以下でしょう。

  • 装備が錬精できる
  • 80☆2(新式, 幻薬G2)も座れるし、素材にHQをすこし混ぜれば自分でもHQ品つくれる
  • マテリア代が安い

マクロに関しては、80☆2以外は記事中にありますし、80☆2は【FF14】パッチ5.05 新式装備製作用マクロ、スキル回し(耐久70用)という記事の、非マイスター用CP568を使えばいいかなぁと思います。ただ、加工精度が足りてないので、80☆2をガッツリ作るならガ禁断まではしてもいいかなと思います。ガ禁断1個なら、58%で嵌るので。

現在はこの装備で、一番上のレベリング素材(ハイミスリル、シースワロー、ドワーフ、リグナムバイタ)のHQ素材の生産と、ロウェナ商会の納品物の蒐集品生産の2本軸でやってます。

一番上のレベリング素材は、自前の錬精用装備を作るのにも必要ですし、次パッチで追加されるレシピでも要求される可能性がありそうなため腐りにくいという判断です。

ロウェナ商会はとことん話題になった強重曹で黄貨を稼いでメガマテを量産したり、幻薬とかで白貨集めてます。先週の日曜日は幻薬300個ぐらい納品してエクスマテ80個ぐらい増やしました。

ギャザラー関連

ギャザラーはとにかくやることが多いです。主に以下。

  • 5.1新式装備向けマテリア集め
    • 伝説・未知の蒐集品 → 黄/白貨 →  交換
    • 装備の錬精
  • 霊砂集め
    • 刻限
  • 伝説・未知素材集め
    • 伝説・未知

問題は、並行に出来るものが少ないこと。少なくとも霊砂集めと伝説・未知の蒐集品は並行してやることはできません。とりあえず、霊砂や伝説・未知の素材を集めながら装備錬精でエクスを狙い、お得意様で白貨を集めてマテリアは増やしていこうかなと思っています。

ギャザでも装備錬精はやりたかったので、禁断はガ禁断までしかしてない装備にしています。(装備シミュ) この装備で、閃光/暗闇の刻限で直感43%/獲得99%、険山/古樹の刻限で直感39%/獲得95%、80☆1の獲得が91%ぐらいとなってます。ちゃんと禁断した装備には劣りますが、十分に使える性能になっているかと思います。

それ以外の素材は、リテイナーベンチャーで集めてます。自分は園芸4/採掘3のリテイナーを雇用してますので、それでかき集めてます。Lv80素材を30個掘るためには獲得2083とかいう数値が要求されたため、装備を作るのが結構大変でした。(参考)

分解

工匠のデミマテリダとか、工神のデミマテリアとか要求されたらだるいなあって思いながらも、マケボ調達はなんとなく嫌だったので、分解ちょっとだけあげることにしました。

参考にしたのはこの記事。目的がデミマテリア素材のみだったので、ひたすらアーティザン・アンダーリムグラスを分解してます。自分はヒッポグリフの粗皮をワールド間テレポで投売りされてるものを買い、ヒッポグリフレザー→ヒッポグリフストラップと製作して交換してます。

デミマテリア素材を自力で手に入れるだけなら、クラフターがある程度あがってるなら1hもあればいけますね。分解は5.1で大幅テコ入れくるらしいので、この先のレベリングはしないです。

サブキャラ

以前、やろうやろうと思いながらモチベーションの低下により棚上げになっていた2垢化計画でも再起動しようかなと。漆黒のストーリーもう1回追えるという利点もあります。ただ、サブキャラを5.1に投入しようとするとかなりの気合が必要で、5.1想定の10月中旬まで1.5ヶ月程度しかないのでかなり覚悟が必要そうです。

サブキャラでやることは以下。

  • メインストーリーコンプリート
    • 紅蓮とジョブ1個分のジャンプは買う
  • ギャザラー・クラフターをALL80にする
    • メインでは未着手の漁師も含めて
      • 漁師はだるそうだったので優遇ボーナス使いたい
    • クラスクエがとにかく面倒だが頑張る
  • グランドカンパニー関連
    • 希少品納品まではやる

リーヴの枚数が少ない中で、ギャザクラALL80はどれぐらい大変かという感じです。ただ、優遇ボーナスは適用するのでそこまで厳しくないはず….

0からはじめるクラフターレベリング Part.11 (22-26日目)

デイリー中心だったので、平日分はまとめて。

現在までの進捗

 ↓ ↓ ↓

基本的には蛮族デイリー+GC納品をすこし。GC納品のほうは、★がついた時ぐらいがメイン。それ以外だと鍛冶・甲冑・彫金・革細工は中間素材の作成メインで、錬金は蒐集品つくってました。錬金については後述します。

リテイナーベンチャー8人体制(戦闘2・園芸3・採掘3)で素材取りに行かせてるので、素材代はかなり浮いてます。

  • ギルドリーヴ
    • 累計130枚
  • ギル収支
    • 支出:今回250k, 累計1.68m
      • 素材、シャード類
    • 収入:今回340k, 累計2.68m
      • 製作した中間素材HQのマケボ売却

錬金:Lv61 – Lv68

Lv64ぐらいまでは、GC納品+ナマズオ蛮族で上がってました。Lv64からは、強錬成薬が納品対象となっている日があったので、それの納品をひたすらしてました。大体100個ぐらい。秘伝書やLv60道具で赤貨は大量に使うため、錬金で素材が安めな蒐集品が来るのを待っていた感じです。

参考にしたのは、夢でもFF14さんの記事。ギャザクラレベリングに当たっては、いろんなところを参考にしてるんですけど、ここの記事は全体的に有用度が高いものが揃っていたのがよかったです。

強錬成薬の素材は概ね1kちょいで、納品時に1.4kぐらいもらえます。黒字です。ムードスードの角がいくらで買えるかで素材費は変わってくると思います。おそらくあまり人気のない素材ではあると思うのですが、供給量が少なさそうなので。自分は、200ギル以下で140個ぐらい調達できたのでよかったです。

あと、久々にマクロ貼っておきます。トマトシチューHQ飲んでCP411でのマクロとなります。過剰品質なので削れるところは全然あると多いですが、あまり時間効率に関しては重視してないのです。

/ac 確信 <wait.3>
/ac コンファートゾーン <wait.2>
/ac インナークワイエット <wait.2>
/ac 倹約 <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>

/ac マニピュレーション <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac 集中加工
/ac 加工 <wait.3>
/ac イノベーション <wait.2>
/ac グレートストライド <wait.2>
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac 模範作業III <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>

0からはじめるクラフターレベリング Part.10 (20-21日目)

とうとうクラフター着手から3週間です。

現在までの進捗

 ↓ ↓ ↓

ようやく、クラフターが全てLv50になりました。

この土日で、冒険録でLv60まで上げた新規ギャザラーリテイナー6人の装備をそろえて、園芸のクラスクエストを完了しLv70にしたので、ギャザラー方面はひと段落といったところ。赤貨をぼちぼち集めて、伝承録が揃い次第、蒼天と紅蓮の未知・伝説の採集手帳などを埋めに行くぐらいです。

ここからはクラフターに注力して、GC納品・蛮族デイリーをやりつつ、中間素材作成・ギルドリーヴを併用してレベリングに集中します。素材の関係で詰まるかもしれませんが….

  • ギルドリーヴ
    • 今回42枚、累計130枚
  • ギル収支
    • 支出:今回150k, 累計1.43m
      • 素材、シャード類
    • 収入:今回260k, 累計2.34m
      • レベリング時製作物のマケボ売却
      • 製作した中間素材HQのマケボ売却

園芸・リテイナー準備

先日リテイナー雇用数を増やし、園芸・採掘のリテイナーを3人ずつでベンチャーを回せる環境を作るのを目指してます。Lv60までは冒険録でスキップできますが、Lv60-Lv70までは上げる必要があります。。

ギャザラーのリテイナーベンチャーは獲得力が上がる装備が必須なので、それを園芸(と採掘)の蒐集品で集めた赤貨で整えていく感じでいきました。先人のロドストを参考にし、獲得力806を目指して装備を整えました。

参考:リテイナーの装備更新について

自分の場合は、Lv61の装備更新を赤貨のみで終わらせました。主・副道具と手を強化赤貨装備、胴脚を赤貨装備で揃えて獲得力810です。リテイナー1人あたり、必要な赤貨は1800枚でした。

園芸は、この赤貨稼ぎをやっていたらLv70になってました。園芸のほうの装備は黄貨のIL350装備で整えておしまい。クラフターが落ち着いたら、赤貨を集めて伝承録揃えたいと思います。

鍛冶・甲冑:Lv45 – Lv50

製作手帳も手ごろなところを埋め終わったので、最後はギルドリーヴで押し込みました。使ったギルドリーヴは、鍛冶がコバルトレイジングハンマー、甲冑がコバルトアーマードカリガで、どちらも聖コイナク財団の調査地のリーヴです。甲冑はコバルトプレートでもよかったんですが、リーヴ受注と納品が離れてて面倒になったので聖コイナクでやってました。

裁縫:Lv57 – Lv60

Lv57まではちょくちょく青麻糸を作ってレベリングしてたんですけど、ギルドリーヴが溢れそうだったので、中間素材生産の材料はあったものの大規模製作依頼でさくっと上げて終わらせました。使ったのはハロードラミー・キャスターサッシュの大規模製作依頼です。錬金が既にLv60だったので、素材の調達が楽だったからこれを選択しました。

大規模の製作依頼は普通の製作依頼と比較して、リーヴ権1枚あたりの経験値は0.7倍程度となりますが、納品物1個あたりの経験値は2倍ぐらいになります。HQ納品物の単価が高い場合は、大規模のほうが選択肢に入ると思います。僕はリーヴが溢れそうだったので、大規模使っただけですけど。

革細工:Lv53 – Lv56

 ひたすら革をなめしてます。

粗皮を沢山仕込んでおいたので、それをなめしてたら勝手にレベルあがってました。アルケオーニス(2stack)、ワイバーン(1.5stack)、ダルメル(6stack)と順番にステップしてきてるので、このままドラゴン、アンフィプテレと行く予定です。

ギルドリーブを使うなら、Lv56ドラゴンレザー・ヒーラーグローブあたりがよさそうかなって思ってます。裁縫と錬金のLvが既に60なので、HQ素材の調達が楽なので。

鍛冶・甲冑:Lv50 – Lv54

ミスライトナゲットを主に、中間素材作ってました。まず、鍛冶を中間素材生産でレベリングし、過程で出来たミスライトリベットHQを10個を、甲冑のLv50大規模ミスライトリベットに持っていき、甲冑はLv50からLv53まで一気にスキップしました。

クラフターは、同じ装備でもLv50からLv51で一気に作業/加工効率が上がります。システムがどうなってるかわかんないんですけど、内部のレシピレベル的なものが影響しているのかもしれません。Lv51以降のレシピをLv50で作るのは非常に効率が悪いので避けたほうがいいです。モーグリ族の蛮族クエやマケボ調達のギルドリーヴなどで、Lv51にしてしまいましょう。

全クラフターLv50を振り返って

基本的に中間素材の製作経験値で稼ぐのがメインだと思います。それ以外に取れる選択肢があまりないです。よくクラフターレベリングの記事みてると、ギルドリーヴ活用を~とかって言ってますけど、Lv50までのギルドリーヴってそこまで経験値にうまみがないんですよね。というかイシュガルドのリーヴが美味しすぎるので、Lv50まででギルドリーヴ使い切るなんてことはおきないようにしたほうがいいです。

正直Lv50までだったら、NQできてもいいやってマクロ組んで、脳死で回してたほうが楽かなあと。完成品ではなく中間素材を使う理由は以下の4点。

  • 素材を揃えやすい
  • NQ品が出来ても困らない
  • 必要な作業回数が少ないため、1回あたりの生産時間が短い
  • 再利用が可能なので腐らず、マケボ需要もそれなりにある(調理除く)

実は新生(2.0)の頃にもプレイしていて、その時もクラフターはほぼLv50まで上げてたんですけど、なんか新生2.0の時とそんなに変わってない印象で、結構しんどかったです。

ただ、当時一番しんどかった裁縫のレベリングは非常に楽でした。リテイナーベンチャーでモブ素材(特にフリース)が安定的に調達できて、シルフの蛮族ショップで亜麻糸が店売りで購入できたため、あんまりマケボを使う必要はなかったです。同様に、ゴブリンの蛮族ショップでボムの灰が購入できることで、鍛冶・甲冑も楽になってました。

このレベル帯に関しては、ギルドリーヴは使いやすいものは使うという感じ。リーヴ1枚当たりの経験値効率を加味すると調達依頼になるんですけど、移動がだるいのでやりませんでした。また、三国でのギルドリーヴは受注と納品が離れているため、これも結構だるいです。リムサとか結構使いましたが、マップ移動挟むのは本当に面倒でした。

ギルドリーヴに関しては、特に錬金のラノリン大口は使いやすかったです。錬金はLv36ぐらいまで来たら、あとはひたすらラノリン作ってギルドリーヴ大口納品でLv50目指せると思います。

イクサル族の蛮族クエも併用しましたが、これはあまり時間効率には効いてない印象です。ただレベリングすることが目的なら、何か作ってたほうが時間効率は圧倒的に高いと思います。イクサル族の蛮族クエ完遂以降は手を付けてなかったです。

0からはじめるクラフターレベリング Part.9 (17-19日目)

今回、あまり進捗がないんで短いです。

現在までの進捗

 ↓ ↓ ↓

平日であまり時間がとれず、GC納品と蛮族デイリー消化がメインでした。あと、調理・園芸のクラスクエストで時間もってかれたりしました。レベル増分はそれです。土日はがっつりやります。

また、大幅にリテイナー増やしたことで出品数が増えたため、今まで作ってきたものが結構売れました。収支が黒字になってます。

  • ギルドリーヴ
    • 累計88枚
  • ギル収支
    • 支出:今回100k, 累計1.43m
      • 素材
    • 収入:今回840k, 累計2.08m
      • レベリング時製作物のマケボ売却
      • 製作した中間素材HQのマケボ売却

0からはじめるクラフターレベリング Part.8 (15-16日目)

現在までの進捗

 ↓ ↓ ↓

少し忙しいため、デイリー消化中心のまったり進行。蛮族デイリーとGC納品のデイリーは消化し、園芸はビーチの枝蒐集品で赤貨集めしながらまったりレベリングです。

  • ギルドリーヴ
    • 累計88枚
  • ギル収支
    • 支出:今回180k, 累計1.33m
      • 素材(鉱石、青麻、虹綿など)
    • 収入:今回450k, 累計1.24m
      • レベリング時製作物のマケボ売却
      • 製作した中間素材HQのマケボ売却

革細工:Lv48 – Lv50

Lv45ぐらいからずっとイクサル族でした。主道具と副道具の更新ケチってたので、装備品のHQ生産が安定せず製作手帳埋めのやる気が起きなかったからです。

多分、粗皮なめしてたほうがレベル上がるの早かったです。

彫金:Lv45 – Lv50

中間素材はいろいろつくったので、製作手帳埋めでLv50を目指せる状況だったのですが、リテイナーの倉庫や出品数がパンパンで完成品の処遇に困るという事情と、イクサル族の蛮族クエストがまだ完遂していないという2点の理由でちょっと止めてました。

前者はリテイナー雇用数を増やすことで対応し、イクサル族の蛮族クエストも最後まで完走しましたので、まずは彫金からLv50にしました。レベリングは製作手帳埋めと中間素材作成です。いつものです。

彫金は中間素材の数が非常に多い上に素材が安価な宝石群があるので、製作経験値主軸のレベリングだけなら楽でしょう。再利用性を考えると、宝石はあまり需要が高くないので辛いところですが。

裁縫:Lv51 – Lv55

裁縫はまだまだステータス不足でギルドリーヴ納品物のHQ生産ができないため、中間素材でのレベリングとなっています。手元にあるのは、虹糸65本、虹布20枚、聖虹布10枚って感じですね。

ぼちぼち青麻糸/青麻布がそれなりにHQ狙える状態になるはずなので、青麻系の生産→ギルドリーヴ納品(Lv56 ハロードラミー・キャスターサッシュ)とステップしてLv60を叩こうかなと思ってます。